PIANO TRIO OOO

Piano Trio OOO


About Us


OOO(トリオー)

OOO 』トリオーは、ヴァイオリン =雪下 敬洋、チェロ = 豊、ピアノ =中村 悠子の三人からなるピアノトリオ。  
三人の血液型が“全員 O型”ということで“トリプル O”と”トリオ”をかけて『 OOO 』と名付けられた。  
クラシック、映画音楽、アニメ、邦楽・洋楽 POPSと幅広いレパートリーを持つ。



雪下 敬洋 (ヴァイオリン)
Yukishita Yoshihiro  (Violin )

3歳よりヴァイオリンを始める。
イタリア国立サンタチェチーリア音楽院ヴァイオリン専攻修了(イタリア・ローマ)
アイデム音楽院ヴァイオリン科ソリスト演奏家コースを最高得点で首席修了(イタリア・ローマ) 
これまでに、ヴァイオリンをシャロム・ブッデル、フェリックス・アーヨ、パスクワーレ・ペッレグリーノの各氏に師事。
在伊中より、イタリア国立サンタチェチーリア音楽院ピアノ科教授ヴァルテル・フィスケッティ、ローマ歌劇場管弦楽団指揮者セルジョ・オリーバ等とのデュオコンサートを開催し、また、イタリア、日本各地の会場(サントリーホール、イタリア歌劇場、エウクリーデ歌劇場、バチカン教皇区内 S・アンナ教会等)で行われた多くのオペラ公演、管弦楽演奏会にてコンサートマスター、第二ヴァイオリン首席を務める。
2015年 モーツァルトイタリア第 4回国際マスタークラスに参加、修了演奏会に出演し、メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲を演奏、最優秀賞を受賞。
2018年 ミュージカル《美女と野獣》《タイム・フライズ》に出演。
宝塚歌劇のレコーディング、様々なアーティストと共演。
Twin Towers  Violinist として活動中


湊 豊(チェロ)
Yutaka Minato Cello )

9歳からチェロを始める。玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科(チェロ専攻)卒業。
13歳でスロヴァキアに於けるコシツェ国際青少年チェロコンクールで 3位入賞。
ミュージカル《船に乗れ》《ルードヴィヒ・ B》《美女と野獣》に出演。
元東邦音楽大学オーケストラ研究員
2010年 サントリー小ホール(ブルーローズ)、第 10回日伊文化交流チャリティーコンサート『イタリアオペラの夕べ』にて、チェロ首席奏者を務める。
2011年 サントリー大ホール、指揮:秋山和慶による玉川管弦楽団ベートーヴェン第 9交響曲公演にて、チェロ首席奏者を務める。
2011年 アマデウス・ホイトリング(ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ヴァイオリン奏者)による弦楽合奏マスタークラスにチェロ首席奏者として参加、『ホルベルク組曲』を演奏
これまでに、チェロをヴァーツラフ・アダミーラ、ベアンテ・ボーマンの両氏に師事。
Twin  Towers Cellist として活動中


中村 悠子(ピアノ)
Yuko Nakamura ( Piano)

ソロピアニスト及び,姉妹連弾ユニット「中村姉妹」の姉。 1997年、フランスに留学。
フランス、パリ内の複数の音楽院にて、ピアノ、室内楽部門の多数ディプロマを審査員満場一致の一位で獲得し、何れも首席で卒業。  
2001年度クロード・カーン・ピアノコンクール最上級部門にて優勝を果たす。自由選択曲で演奏したドビュッシーのエチュードは、主催者であるクロード・カーンより絶大な評価を受け、サル・ガヴォーで行われた優勝者ガラコンサートに出演。   2002年帰国。
在仏中から演奏活動を始め、フランス・ポーランド・日本、各国でソロ・室内楽・コンチェルトのソリスト(ジャンヌヴィリエ・オーケストラ、プリマ・ヴィスタ弦楽四重奏団、チェコフィル六重奏団、ワルシャワフィルのコンサートマスター等との共演)等で演奏会を行う。
2004年 4月、妹・中村紗也子と、姉妹ピアノ連弾デュオを結成。
リサイタル、ディナーコンサート、トークショーを開催し、レセプションパーティのゲストアーティストとしても多く招かれる。   演奏活動に加えモデルとしてのファッションショーへの出演や、ラジオのパーソナリティ、雑誌・テレビ番組への出演などで幅広く活躍する。
また、過去にトレーニングジムのマネージャー、パーソナルトレーナー、ミールカウンセラーとしても活動した経歴から、現在は「演奏家の体作り」という視点からのピアノ演奏技法等の指導も行っている。
中村悠子HPはこちら